本文へスキップ

多賀城市の内科・循環器内科。おたがクリニックです。

電話でのご予約・お問い合わせはTEL.022-309-4970

〒985-0873 宮城県多賀城市中央1丁目16-6

禁煙外来について

お医者さんのサポートで禁煙をはじめましょう

 高血圧や心臓病などの循環器に関わる病気に大きな影響を与える喫煙。 「禁煙しよう」と決めたら、禁煙指導を受けられる病院(禁煙外来)を受診することをお勧めします。
 タバコに対する「心理的依存(習慣)」、イライラなどの離脱症状(禁断症状)を起こす「ニコチン依存」は、医師やお薬の力を借りなければ、なかなか克服できるものではありません。
 現在当院では禁煙補助薬として貼り薬のニコチンパッチTTS(市販のものは効果の弱いものです)、経口投与のチャンピックスの二つを使っています。
 病院(禁煙外来)では、医師が身体・精神的にサポートし、禁煙できるように導いてくれます。
しかしながら一番大事なのはご本人の意思です。
意志が固まりましたらご来院ください。
*定期的に医療機関にかかっている方は、主治医に禁煙外来を受診してもよいか確認してから、ご来院ください。
*時折、家族の方がさせたいと御電話にてご連絡頂くことがあります。しかしながらご本人の意思がなければ禁煙外来は受診できません。ただ飲めば禁煙できると単純に考える方もいらっしゃいますが、やはり本人の意志が必要不可欠です。

患者さんに合わせた治療を実施

禁煙外来では、およそ次のような流れで治療が実施されます(以下は保険治療の一例)。

《初回》

初診時の問診では、治療法の説明の他、ニコチン依存度、喫煙の状況、禁煙の関心度などがチェックされます。また、呼気中(吐き出す息)の一酸化炭素濃度の測定、禁煙開始日の決定と「禁煙誓約書」へのサイン、次回診察日の決定を行い、治療のための禁煙補助薬の処方を受けます。

《2回目》

初回から2週目に再診し、喫煙状況の問診を受けます。呼気中の一酸化炭素の測定を行い、禁煙補助薬の追加処方を受けます。

《3回目、4回目》

4週目、8週目の再診でも、呼気中の一酸化炭素の測定とともに、出現した離脱症状の確認や対処法などのカウンセリングや治療を受けます。

《5回目》

12週目の再診が最終回、治療終了です。禁煙に成功していれば、そのまま禁煙を継続するためのコツを理解します。

※保険で認められている通院回数は、初診を含めて計5回、期間は約3か月です。

禁煙治療が保険適用となる条件

2006年4月から、一部の施設で禁煙治療が保険適用となりました。下の4条件をすべて満たして医師が必要と認めた場合、一定期間の禁煙治療の受診に保険が使えます(外来診療のみ)。

  1. ニコチン依存についてのスクリーニングテスト(TDS*)の結果が5点以上で、ニコチン依存症と診断
  2. ブリンクマン指数(1日の喫煙本数×喫煙年数)が200以上(おおよそで構いません)
  3. 直ちに禁煙することを希望
  4. 「禁煙治療のための標準手順書」に則った禁煙治療について説明を受け、その禁煙治療を受けることを文書により同意

※保険適用の条件には施設の基準もありますので、受診する施設(病院やクリニックなど)が保険診療を行っているかどうかを確かめましょう。なお、保険適用外でも禁煙治療は受けられます。


おだかクリニックおだかクリニック

〒985-0873
宮城県多賀城市中央1丁目16-6
TEL 022-309-4970
FAX 022-309-5444